プリザーブドフラワーで、今まで難しかったバラの色も自在に

プリザーブドフラワーとは、特殊な染液につけることでまるで生花のような感触の花びらを組み合わせたお花のことです。この技術が出来たことで、自在に花びらに色をつけ、組み合わせたり、オリジナルのブーケなども長期間保存したりできるようになりました。


プリザーブドフラワーなら青バラも鮮やかに

贈り物のお花と言うとバラの花を思い浮かべる人も少なくないと思います。バラの花は生花でも人気が高いですが、実は非常にデリケートなお花で、きれいに発色させるのは難しいと言われています。特に青バラと呼ばれるばらは花を咲かせることも難しく、咲いたとしても一日で枯れてしまうものが多いと言われています。紫の花弁を付けるものもありますが、やはり栽培が難しいそうです。


後から染色するので枯れずに色鮮やか

バラの花はすぐに花弁の色も変わってしまいます。しかし、プリザーブドフラワーでは花びらを特殊に加工、後から人工的に染めるという手法をとっていますので、色が鮮やかで、枯れてしまうこともありません。そのため、今まで漫画の中にしか出てこなかった黒いバラや、紫のバラも、制作することが可能なのです。もちろん、真っ赤なバラも、オレンジも、色とりどりの様々なお花を作ることができます。