プリザーブドフラワーはドライフラワーと違うの?

プリザーブドフラワーといえばインテリアとしてもプレゼントとしても人気が上がっていますが、その仕組みはどうなっているのでしょう。
また、有名なドライフラワーとは違うのでしょうか。きれいなお花を長い期間見て楽しみたい!という人にはプリザーブドフラワーはとてもおすすめです。(関連>>>貰って嬉しいプリザーブドフラワー)
それはドライフラワーと同じで枯れにくいという共通点がありますが、その加工のしかたに差が出てきます。


‐プリザーブドフラワーだけのメリット‐

プリザーブドフラワーはドライフラワーと違って専用の駅で着色させたのちに乾燥させます。乾燥させるのはどちらも同じですが、より花らしい瑞々しさを残しているのはプリザーブドフラワーだと言えます。
手間をかけて加工する分色落ちもしにくく、鮮やかで柔らかい色合いを長い期間楽しむことができます。


‐きれいな分手間と費用は多め?‐

プリザーブドフラワーは専用の液や専用の工程を踏みますからその分費用は高くなってしまいます。また、瑞々しい見た目とはいえ一度乾燥させているため、香りを楽しむことはできませんからこちらも注意が必要です。
誰でもその気になれば作ることにチャレンジできるドライフラワーと違ってその分手間がかかっているのですね。