置き場所やお手入れはプリザーブドフラワーにも必要です

プリザーブドフラワーを使った作品はたくさんあり、花束や鉢植え、ブーケやリースなど様々です。ですが特殊な液体をつけて乾燥させて加工したものですので、とてもデリケートなものとなります。長い期間その美しさを楽しみたいと思われるなら、飾る場所やお手入れには気を付けられることで、いつまでも楽しむことができます。


<窓際や水気は避けましょう>

プリザーブドフラワーは水がいらない花ですので、湿気が多い場所などには向いていません。また直射日光が当たる場所に置いておくとせっかくの鮮やかな色があせてきてしまったり他の花びらに色が移ってしまったりカビなどの原因にもなりかねません。室内に置いておかれることが多いのでエアコンなどの風があたると花びらが破れることもあります。高温多湿を避けクリアケースなどに入れて飾ると長く美しさを楽しめます。


<繊細で壊れやすいので気を付けて>

いろんな作品として楽しめるプリザーブドフラワー、その美しさはお部屋のインテリアとして最適です。お手入れがあまり必要ないプリザーブドフラワーですがほこりが花びらや葉っぱについたときには壊れやすいので注意して絵筆などでとりましょう。また湿度を嫌いますのでアクリルケースなどに入れて飾られている方はその中に乾燥剤などを入れるとよいでしょう。