近頃はやりのプリザーブドフラワーのシャビー感

インテリアなどで「シャビーシック」という言葉を聞くようになったのはここ数年ですが、プリザーブドフラワーにもシャビーシックは取り入れられています。
このシャビーとはフランス語と英語を混ぜた造語ですが、一番近いイメージとしてはアンティークです。
しかしアンティークというとチープ感が感じられませんので、シャビーシックといったほうがイメージしやすくなります。
シャビーシックなプリザーブドフラワーのアレンジで使われる小物や、「これだとシャビーシック感が出る」といったものがあります。


<シャビーシックなプリザーブドフラワーにぴったりの小物>

塗装のハゲたブリキのじょうろややかん、外国製や昭和感のあるお菓子の缶、木箱などが定番です。
英字新聞などを合わせると、さらに可愛らしく仕上がるでしょう。
また木製やブリキ製のピンチなども、小物で使えます。
板チョコの包み紙などをうまく使うのも素敵です。壊れた地球儀なども、可愛い花器になります。
ちょっとしたアイデアでプリザーブドフラワーが生きてきますので、周りのものに目を向けてみましょう。
シャビーシックに使う花に「これでなくては」というものはありませんが、あまり色の強烈ではない淡い色彩のものを使うことが多く見られます。